じゅぬの手帳

日記。私しかわからない。あとお題。

20240422

 0時にシステムメンテナンスが入るので、それまでにクレジットカードの履歴の確認や他サイトとの売掛の確認などを済ませ、0時から外回りや、リネン庫を開けるなどの雑務を始めた。なんとなく一週間後のコンファームの準備をしたら、相方がそれ以外の雑務を進めてくれたので、私の方がかえって仕事が少なくなってしまった。

 その間、パソコンを出して日記を書こうか迷ったが、流石に1時前に堂々とパソコンを出して日記を書くのも憚られ、結局スマホで日記を書き進めた。パソコンは一時間当たり四千文字、スマホは二千文字くらいが限度なので、あまりスマホで書かないようにしている。容易に書けるのと、スマホの方が文章を考えてから書くので見返しやすいというメリットがある。

 30分近くかけてスマホで21日の分の日記を書いた。そろそろ大浴場の清掃をする時間なので、22日の分には手を付けなかったが、恐らくスマホでも一時間当たり2800文字程度の速度で書けるようになっているのではないかと思う。

 大浴場の清掃をしながら、先日や先々日に掃除が出来なかったことを悔やみ、休憩は資格の勉強に努めようと思っていた。簿記二級の勉強になかなか手がつかないが、できない理由を見つけるより、出来る理由を考えろとかつての上司に言われたのが今でも覚えている。

 早くに掃除を始め、途中で士業について調べ、いつも通りの時間に終わる。休憩に入るなり簿記二級の勉強を始めた。

 たまに、暇な時間に簿記の勉強のサイトを開くことがあるが、時間がないときは特に頭に入らない。二時間の休憩の時間には何故か頭に入ってくる。家で勉強する時間より、ホテルの休憩の時間の方が効率が良いのは何故か、具体的な理由は分からないが、予想としては家では頭を使っていないとか、覚醒していないなどの理由が挙げられる。やはり私も他者によって勉強を強いられている方が効率が良いのだろうか。変な克己心で、資格勉強の学校に通いたくないが、これこそ低学歴のコンプレックスなのかもしれない。

 休憩から上がって、指示書を確認し、メンテナンスが終わったので一週間後の予約の確認をする。その後、手帳を書いたらいい時間になってしまった。

 フロントに立って、数日の予定を整理した。25日が退去の日なので、それまでに何としても掃除を終わらせる。それに尽きる。朝の7時過ぎに、パチンコ屋にキッチンカーを出店したいと言う連絡をした。

 朝食の賄を食べた。カルボナーラを食べ過ぎ、帰宅してオイル漏れをしている駐車場にセメントスプレーをしたら、色が違うので浮いていた。その後掃除をせずに睡眠してしまった。起床をしたのが14時前で、音楽を大音量でイヤホンで流して、掃除を少し進めることが出来た。耳に悪いので辞めたいのだが、こうして音楽を流して掃除をすればとりあえずは雑務を済ませることが出来る。世の中の雑務は大抵こうやってしまえば終わるのではないかとすら思う。

 テーブルを分解して運ぶために、テーブルの上にある大量の荷物を分別した。適当に分別して、雑におろして、テーブルをひっくり返すと、外すのに工具が必要であった。六角レンチ買いに、ダイソーに行く。音楽はJ-Popでは飽きてしまい、先日聴いた阿弥陀経をまた流した。イヤホンで聞いていても、BlueToothなので車に乗ると車のスピーカーから流れてしまう。車で阿弥陀経を流しながらダイソーに行きたくはないが仕方が無い。ダイソーで、必要な六角レンチを購入し、それからぶらぶらと店内で時間を浪費する。観葉植物、オフィスの文房具など、雑貨を購入した。40分か1時間ほどさまよっていたと思う。それからスーパーに行き、豆腐を八丁、棒ラーメン、豆乳、カップラーメンなどを買う。牡蠣しょうゆを初めて購入した。

 16時ごろに帰宅した。テーブルを分解して、車に乗せようとしたが一度には乗らないようだ。またくだらない動画を見て、彼女が帰宅する18時まで時間を浪費した。

 風呂に入り、18時過ぎに、彼女から電話がかかって来た。着替えて荷物を新居に持っていく準備をした。仕事着を洗濯しなければならない。テーブルの脚だけと、洗濯物を持って新居に行った。洗濯機をまず回した。20分と表示されていて、荷物を運ぶだけなら早くに終わってしまうが、よくよく考えたら組み立てる時間もあるので丁度良いと気が付いた。テーブルの部分を運びに往復して、洗った服を持って帰宅する。ついでに、日記も書いてしまおうと思った。今日は新人が出勤する日なので、堂々と携帯で日記を書くわけにもいかない。しかし書きたいと思ったら抑えられないので、事前に書いてしまおうと思ったのだ。洗濯物を干すのを彼女に任せ、私はパソコンを持って、寝室で日記を書いた。19時44分。

20240421

 何時に寝たのか定かではなかったが、起床をした時に外が明るいのがカーテンの下から見えたので、これは11時半頃かと寝すぎたのを後悔した。彼女が横で寝ており、本来なら起きて早々に掃除をしなければならないところであるが、楽観的な思考が休日ボケで染み付いていた。

 寝ている彼女にまるで起きているかのように話しかけた。

「今何時だと思う?」

と返答があるまで話しかけ、俺は9時頃だと思うと言い、時計を見ると8時半であった。驚いていると彼女も起きてきた。体感で過眠を感じ取りながら、12時間寝てしまった時の体の痛みがないのを確かめていた。寝た時間が早かったのであろう。

 先日は、掃除ができる最後の休日であったのに動画を見て潰した。今日は動画を見ないと決めていたが、平然とYouTubeを開いてしまうので、資格についての動画以外は見ないと決めた。資格について、特に簿記についての動画を視聴することで、勉強のモチベーションを高めつつ、掃除に集中ができる相乗効果を狙っていた。

 起床してまず思ったのは自室のスチールラックや電子工作の機材を設置することであった。買ってからあまり有意義な使い方をしていないのだが、そこにあるだけで満足できるので買ってしまった。使わないオシロスコープに5万近く使い、スチールラックに関しては15万近く使ったのではないか。これも定かではない。

 彼女が化粧をしている間、自分の仕事着を洗濯し、ついでにスチールラックを組み立てた。四年近く前にスチールラックを購入した時、ベッドテーブルのような物が作れるように、キャスター付きのものを余分に購入しておいた。たまたま、彼女がスチールラックをポールに固定する部品を無くし、全部組み立てられずに置物と化していたので、寄せ集めてベッドテーブルを作った。高さが短いために足があたり、ベッドの端をくぐることができないのが最大の難点で、有用かすら怪しいのだが、とりあえず組み立てた。もう一つ、他のスチールラックと同じサイズの物を作り、窓際に置いた。キャスター付きが2つ、通常のものが3つ、デスクと作業用に調整した物が一つあり、あと一つ設置する為には無くしたパーツが72個ほど必要になる。100個くらい追加購入したいが少し離れたところに店があるので、買いに行くのが面倒だ。

 彼女から電話がかかってきた。当初は10時半に化粧が終わると言っていたが、11時頃になりそうだという。スチールラックの組み立てに専念していて、私の方が大いに遅れて11時45分頃に帰宅した。途中で乾燥機も回したので言い訳はある。

 途中でカップラーメンを買おうか迷ったが、私の分だけ買っていけば文句を言われそうだし、彼女に何を食べたいか聞くのも一緒に来たいと言い出しそうで、それはそれで時間がもったいない気もする。結局帰宅して、何を食べたいか聞いたらかつ庵がいいと言った。外食をしないと言ったのも忘れて私もいいよと言ってしまった。

 かつ庵は高そうで高くない値段が魅力である。それにこの間サイゼリアに一人でいって1800円も散財したので懲りていた。かつ庵に着く前に、他の候補を彼女が言ってきた。すき家なか卯ジョリーパスタサイゼリアなど、どれも安価なファストフード店である。掃除をしなければならなかったのでできるだけ余計なことは考えたくなかった。最初に決めたかつ庵に行く。

 かつ庵で私はカツ丼を頼み、彼女はカツカレーを頼んだ。一番大きい特盛に味噌汁とサラダが付いたものである。彼女も真似たのか、一番多い量のカツカレーに豚汁とエビフライをつけていた。いつも閑散としている時に来るので、注文が届くのが遅かった。その間やはりディズニーの話になり、彼女の携帯の充電が1%しか無いと聞いて驚いた。先日寝る時に充電しておいたので朝の時点では100%であったはずである。ものの数時間で0になってしまうのか。何故かその事について、私が彼女に憤っているととばっちりを言われた。

 サラダにごまのドレッシングと、すりごまをいれる。すりごまの機械が優秀で、家にも一つ欲しいくらい簡単に大量に擦れた。七味をサラダにかけた。初めてである。

 何度もカツ丼を食べているのでたまにはと思い、カツ丼にからしをつけた。白菜からからしの匂いがすることがある。からし菜と同じ科だかららしいが、からしを食べながら白菜を想像していた。独特な辛味の調味料だと思った。

 満腹になり箸の進みが遅くなる頃、彼女も食べきれずに私によこしてきた。それを平らげて、早々に退店する。満腹にならないようにするつもりが、私も彼女も動けなくなり、掃除をそっちのけで仮眠をした。流石に掃除をしないで2連休を潰したとなると後々苦労するので、タイマーを設置しては伸ばし、15時15分頃に起床して、いくつかの荷物を持っていった。目的のテーブルは持っていけなかった。

 16時から日記を書き、17時には寝たいと彼女に伝えていたが、15時半頃に彼女に洗濯機を回してほしいと言われた。癪なので洗濯機を回しながら日記を書いた。20日分の日記を書いて、残りはホテルで書くと決めた。乾燥機に入れて、彼女の掃除を邪魔しないようにと新居で寝るつもりであったが、旧居の布団をきれいにして待っていたのでそこで寝ることにした。乾燥機の番号だけ伝えて入浴して寝た。寝る時にはバーバパパの動画を見るとよく眠れる。

 寝ぼけていて起きる時間を悪い方で間違えた。21時30分頃に起床して、急いで準備をした。コンビニでモンスターを購入する。買うものを入店する前に決めると時間の節約になるので、どこにあるかを把握していた。今日は早番の人が初めてナイトをやるので相方が教え、私が指示書側になるのだろうなと思い出勤した。シフトを見たら明日の予定であった。

 面倒なことにシステムメンテナンスの日で、いくつかの仕事を後回しにしなければならない。寝起きに仕事などしたくないので本当に憂鬱である。それに帰ったら掃除をしなければならない。それでもやらない理由を見つけるよりやる理由を見つけろとかつての上司に言われたのが頭の中に響いていて、私の中にパワハラ上司が巣食っているのだ。これは今のところ良い兆候である。

20240420

 ジョリーパスタを退店して、彼女は家で飲む気であったのでドラッグストアに行った。ドラッグストアで、私はカップラーメンを5個ほど購入し、彼女は目薬と酒を買った。考えがうまくまとまらず、購入に余計な時間がかかった。イカスミのパスタの素を見ていたが、300円程度で安いと思いつつ、あの柔らかいイカは入っていないだろうと思った。

 お会計の時に、クレジットカードを出したら、店員が、今日はポイントを使うと1.5倍得をする日なのでポイントを使いますかと進めてきた。1300円近い商品が1000円以下のポイントで買えたので、かなり得をした。彼女と別会計だったので、彼女は後悔していたようだ。私も言われなければ気が付かなかった。1300円の会計で300円得をしているのだから、33%の利益か。どの投資よりも得できそうだ。

 帰宅するなり彼女は布団に入っていた。私と戯れたいのは分かるが、日記も書いていないし、勉強もできていない。彼女を寝かしつけるつもりが寝てしまった。

 起きたのは、4時ごろであった。5時まで、観葉植物について調べていた。育て方はよく知らないが、自分の理想の観葉植物というのも良く分かっておらず、グリーンカーテンや、プランター菜園について調べていたら1時間を消費した。今日は掃除をする日にしたかったが勉強をしていないのだから仕方が無い。とりあえず日記を書いてから、勉強をすることにした。彼女は、たまに起きては私の方に寄って来て、また布団に戻っている。昼に仕事をしているからか、この時間はまだ早いらしい。5時57分。

 とりあえず、簿記の勉強をする用意をして、いつも見ているサイトを開いたが、なかなか頭に入ってこない。今日は勉強ではなく掃除をしようと思っていたのもあり、結局全く勉強をせず、動画ばかり見ていた。それもくだらない雑学や、特に必要のない知識の物ばかりである。オールマイティラボという動物を紹介する動画をよく見た。思えばこれを15時近くまで見ていたのだから、くだらない動画を見るにしても相当な集中力を消費していた。彼女が16時から18時まで仕事で、19時ごろに彼女の祖母の家で刺身を食べるという話をしていた。引っ越しまでの休日が今日で最後なので、なんとしてでも掃除を進めなければならなかったのだが、全くしないで16時になった。

彼女が出勤してから、普段は見ないショッキングな動画や、グロテスクな動画を漁って観ていた。本来は、祖母の家に行くまでに思考を整えるために仮眠をするつもりであった。仮眠をしたら動画を見ないと決めることで、返って動画を見る時間が伸びてしまった。

 17時ごろに寝て、18時ごろ彼女が帰宅してきたので起床した。ろくな夢を見なかった気がする。ろくな動画を見なかったので当然ではある。

 酒を飲むので、歩いて向かうことにした。私は肥満が表に出ない服を選ぶのに苦労していた。大半の服は新居に持って行ってしまったからだ。上着で何とか隠せるようにして、歩いて向かう。

 向かう時は下り坂で、話していたらあっという間についてしまった。彼女の母は珍しく歩いて来ていた。他に食べたいものを聞かれたので、いなり寿司と答えておいた。彼女は唐揚げと言っていた。久しぶりに犬のはんぺんと再会した。最初は吠えていたが、次第に慣れてきて、全く気にしなくなった。

 彼女の祖父が見ていた釣りバカ日誌2に気を取られて、ずっと話をしないで見入ってしまった。テレビがついているとついそちらを見てしまう。ハイボールを一杯と、日本酒を飲んで、いなりずしは20個近く食べた気がする。ガリとゴマが入っていて美味かった。唐揚げは彼女の母が作ったものでこれもうまい。刺身の盛り合わせはほとんどがトロで、豪華だが1人千円程度だという。満腹でなければつまも食べていた。

 とくに建設的な話はなかった。私の新居のガス漏れとか、バスタブの壊れているのとか、そんな他愛のない話をした。彼女は途中で寝てしまい、私一人で話さなければいけなかった。

 祖父母の家に、猫が二匹いる。ももとてんというのだが、ももは私になついており、その時私が着ていた服がつるつるとしていたので毛がつかないと思い戯れていた。思っていた10倍近く毛が付いた。暑くなるからか抜け毛が大量についてしまい、落とすのに苦労した。彼女は猫アレルギーなので、特に気を使って落とさなければならない。

 彼女を起こして帰宅をした。彼女は猫アレルギーに苦しんでいた。私も最近喉の奥が痛く、10日以上苛まれている。帰る道で歩くのが早いと言われ、先に歩けばいいじゃんと言って口論になった。もしこれで別れたら、歩く速度が合わせられなかったから別れたと言うことになるのだろうかなどと考えた。途中携帯で司法書士のなり方や、業務について調べていたが、携帯を見ないでと言われて調べるのを止めた。行くときの三倍くらいの時間をかけて帰宅をして、私は出る直前にシャワーを浴びていたのでそのまま寝た。彼女は風呂に入るのが面倒くさいらしく、私を風呂に入れようとしたが無視した。

20240419

 日付をまたいでから引継帳を作り、指示書を作り始めるのは久しぶりであった。大体何の問題もなければ、約45分程度で終わるが、私が改良する前は2時間を目安に作っていたため、実際どれくらいで終わるのかは定かではない。この日は新人に数部屋と、大浴場の清掃を任せる日であったので、いつもよりも時間がかかったはずだ。

 一度指示書の元を作り直し、入力を急ぐが2時には間に合わず、大浴場の清掃が始まった。麦茶を作ったり、細かい業務を後回しにしてまで入力をしていた。後半はトントン拍子で進み、雑務もあっという間にこなし、山積だった仕事を一つ残さず終わらせた。

 途中に電話がかかってきて、応答すると向かいのコンビニであった。あの騒がせていた医者の方の部屋の鍵が、駐車場に落ちていたらしい。3時ごろに取りに行きますと伝えた。

 私が麦茶を作っている間、相方も本当は仕事が終わっていてもおかしくないのだが、床を拭くワイパーを間違えてしまったらしく、もう一度拭きに行っていた。

 先程の電話の件を伝え、休憩に入ったら行きますと言ったら、休憩を切らないでよいと言われ、そのまま車で行ってご飯を買って帰ってきた。

 休憩に入り、日記を書く。先日は大量の日記を書いたので、一日では物足りないくらいの気分でいた。3時55分。

 日記を書いてすぐに寝た。休憩に入ったのが遅かったのもあり、米を炊いて、4時45分頃には朝食のスタッフが出勤して起きた。事務所に移動して、少し仮眠をして5時ごろに起床した。読書をしても良かったが、簿記二級の勉強の続きをしようと思い、6時頃まで勉強をしたり、手帳を書いたりした。そういえば手帳の右側を書いていなかった。左側の日記を参考に、一行程度ずつ書いていると朝食がオープンした。

 何かと忙しい日であった。特に面倒な予約を受けたり、指示書の修正をしたり、レストランの夕食代を払わないで帰ったお客様が携帯の電話番号を書いておらず、連絡するのに四苦八苦した。まさか帰るのが9時を回るとは思いもしなかった。

 帰宅をして、外食をどうしても避けるために、スーパーで、豆腐と豆乳と納豆とサラダを購入した。卵を買おうか迷ったが、豆乳を買うと菜食主義的な思想が芽生えて、特に意味もなくベジタリアンな食事を選ぶ傾向にある。購入しながら、和食を作りたい欲求に駆られたが家の調理設備が整っていないので諦めた。結局1300円も食事に使う羽目になった。

 ついでに買ったりんごを眺めながら、たまには皮ごと食べるのもありかと思い、車に乗るなりかぶりついた。皮があまり好きではないので、以前挑戦して途中で断念した記憶がある。

 帰宅をして、何とかりんごを完食した。あごが疲れるが良い影響もありそうだ。適当な皿に豆腐2パック、納豆3パックを入れたら満杯になった。プチっと鍋の素を入れて、油や塩をかけて食べた。

 サラダを食べるころには満腹であったが、買ってからすぐに鮮度が落ちてしまうし食べて損はない。無理をして塩と油で食べた。完食できなかった。

 仕事が9時に終わったので、11時過ぎまで時間がかかった。結局12時に寝て、17時頃に起床をした。寝起きは悪く、何をする気も起きない。明日は掃除をするので勉強をしようと思い、シャワーを浴びた。先日不動産屋に、バスタブが割れていると連絡をしたら業者と下見に行くというので任せていた。その返信が来て、割れではなく傷なのでそのまま治さないらしい。返信に困っていたら、彼女から帰宅の連絡が来た。

 貸していた金を返してもらう約束をしていて、21時30分に宇都宮駅で待ち合わせをしていた。その旨を伝え、それまで勉強をしたいと言った。ついでに閉店するカトレアガーデンのオフハウスにも行きたいので、それを伝えるとついてくると言う。19時ごろにカトレアガーデンに向かった。

 オフハウスはシャッターが下りており、ハードオフは丁度電気が切れるところであった。何もしないのも癪なのでダイソーによって、観葉植物を購入し、土やプランターを購入した。

 スターバックスで勉強をしようと思い、駅の近くの、車が止められるスターバックスに行くと、空いているところが一つしかなく、席がないのではないかと危惧したが一応空いている席はある。勉強をするにはある程度広いスペースがないと困るのだが、とりあえず注文をモバイルオーダーで済ませて入店した。

 私はソイラテ、彼女はスイートなんとかというコーヒーを購入した。二階があるので行くと、空いているところが中途半端でとてもパソコンを置けそうもない。

 店員が話しかけてきて、一階に案内された。もちろんパソコンを置けるスペースがないので、本でも読むかと言ったら、彼女はディズニーに行く打ち合わせがしたいと言い出した。断っても不機嫌になるのでしぶしぶ了承した。

 それから40分近くその話をしていた。20時ごろに、金を返してもらう友人から電車に乗り遅れたので22時になると連絡が来ていた。ディズニーの話を一方的に切り上げて、駐車場を探していたら彼女は不機嫌になった。

 宇都宮駅の隣の、LRTのあるところの近くの駐車場が30分無料らしいので、そこに決めた。時間を調整して、ギリギリにつくようにした。到着する頃に、携帯で連絡を取ったが既読がつかず、焦っていたがそれらしき人物が改札の方に来た。よく見ると他人のような気がしたが、本人らしい。あまりに面影がないのでそれも伝えた。変わったねとよく言われると言った。10万を受け取って、急いで駐車場に戻り、駐車場を出た。

 何を食べるかという話になった。外食は避けたいが、家で作れるわけでもないので、仕方なく外食をする方向で話した。彼女はせんべろをしたいと言ったが、私は勉強をしていないので飲めないと言うと、スターバックスのテーブルが狭かったから仕方ないと怒りだしたので、別にそのことを言っている訳では無いと、私も憤った。

 結局ジョリーパスタに行くことに決まり、彼女は助手席で寝ていた。座席が直角なので、乗り心地は悪いようだ。私は慣れてしまって、違和感がない。ジョリーパスタに着いたのはラストオーダーの10分前であった。

 入店して、ラストオーダーについて言われないか心配であったが、何も言われなかった。入店してすぐ、注文用のタブレットから一斉にラストオーダー15分前ですとアナウンスされた。この時、15分前と言っていたのを気にして置けば5分ずれていることに気付けたが、あいにく気付かなかった。

 私はイカ墨のパスタと、ドリンクバーを注文した。彼女はローストビーフ、アンティパスト、ハーフボトルの白ワインを頼んだ。せんべろがさんぜんべろになっていたが、それを言うと機嫌を損ねるので言わなかった。

 コーヒーを五杯近く飲んだ。閉店15分前にドリンクバーが閉まるので、事前にカプチーノを用意して、アイスコーヒーを飲んでいた。イカ墨パスタはサイゼリアの2倍近くするだけあって、イカの食感がやわらかくてうまい。さらに言えばアンティパストのグリーンオリーブもかなりうまかった。

 彼女が会計をした。私がさんぜんべろを気にしているのに気が付いたのかもしれない。ハーフボトルの割には結構酔っていた。私の勉強の邪魔をしそうで怖れていた。

20240418

 日記の事で頭がいっぱいであった。あまりにも書けずにいたので、本当に数日分もまとめて書けるのか不安だったのだ。今まで2、3日程度であればむしろ鮮明に書く事が出来たが、5日ともなると未知の領域である。とりあえずは目の前の仕事を早々に終わらせて、日記を書く準備を整えたかった。

 眠気も襲ってきていたので、休憩中に日記を書けるのかすら危うい。念のため、休憩に入る前、大浴場を清掃する前に、パソコンを使って日記を書く事にした。あまりにも堂々と書くのも相方に失礼だが、仕事をしっかり終わらせて、完全に準備が出来た状態で書いているのなら文句も言われないし、二人のどちらかがやる業務は、積極的にいつも終わらせている。そうして2時から大浴場を清掃するところ、1時20分に雑務を含めてほとんどの業務を終了して、隣の部屋で日記を書き始めた。14日の記憶、4日前の記憶を遡上して書く。日記に慣れる前は、断片的に追憶をすることで、局所の内容に特化して書くスタイルであった。慣れてくると思い出すのが億劫でも時間さえかければ思い出せるようになり、現在から遡って記憶を辿る方法で日記を書いていた。当然日記は時系列で書く事になるので、必ず追憶の行程が必要になる。遡ってから追憶するという二度の行程で、概要を把握する。

 今回は遡上するのは非効率だろうということで、最初から追憶をして、再度追憶をする方法を取ることにした。14日の分は書きかけだがスタート地点が決まっていた。それに引っ越し当日という大きなイベントがある日だったので、簡単に思い出して書くことが出来た。流石に思い出すのが早かったのもあり、1時50分頃に書き終え、大浴場の清掃に取り掛かった。

 眠気もあるし、これから日記を書かなければならないという心労もあり、雑に拙速に終わらせた。休憩に入って、早速日記を書き始めた。15日、16日、17日、どれも引っ越しがメインだが、書く事が山のようにあったおかげで、何とか書ききることが出来た。今までで一気にかけた文章は、恐らく7500文字程度であっただろう。特に私はですます調でないので、文字数は少ない方である。いちいち数えないが二千文字と二千文字と三千文字、今が九百文字なので最高記録を更新している。何よりも、継続して書けたのが今まで1時間30分程度であったのが、休憩二時間全てを文章の記述に費やせたことも快挙である。

 圧倒的な自信がついた。これにかまけないで、勝って兜の緒を締めよという気持ちでもって日記に励みたい。4時32分。

 休憩から戻り、読書をする。図書館で借りてきた社会学宅建資格、宅建の仕事の内、社会学の本を読んでいた。一番浅いだろうと高をくくっていたが割と深い。33ページ程度しか読んでいないが、目次をしっかり読んだ為になんとなく理解した気になっている。

 フロントで、相方と他愛のない話をした。相方が政治の話をしていたのだが、先程日記に体力を全て費やしたために、言葉が口から出てこなかった。思考は出来ても、言葉が出てこない。朝方まで言葉がなかなか出なかった。

 今日は別に掃除をしなくても良いと決めていた。帰宅をして、だらだらと動画を見ながら11時頃まで時間を浪費して、そこから17時まで惰眠をした。風呂に入らねばということで、入浴している時に電話がかかってきた。風呂場で応答して、電話に意識がとられて時間を失うのが嫌でドライヤーなどをした。18時には勉強を始めたいと言って、彼女はそれを聴いていたはずなのだが、買い物に時間がかかり17時55分ごろに帰ってきた。夕食は食べないのかと言われ、仕方なくカップラーメンを買ってきてとお願いをした。鍋を食べたいと言ったので、鍋の用意もしてやった。しかし彼女は気が変わってカップラーメンを買ってきていた。

 横で簿記二級の勉強をしていた。当初新居で勉強をする予定であった。その為に制服に着替えておいた。30分ほど食べながら勉強をして、彼女が掃除をするというので、そのまま新居へ向かった。

 新居で勉強をしながら、このサイトの簿記二級の勉強内容は何セクションあるのか数えると70もある。あまりの多さに驚いたが、一日7つのセクションを進めれば、10日で終わる計算である。むしろ少ない方である。

 20時ごろになって、キッチンカーを一緒にやる友人と給料の事でもめた。もめるというより相手が大して働いていないのに、賃上げを要求してきたので根拠を聞くとモチベーションだという。私は全体の業務量を考えて給料配分を8対2にしたので、モチベーションごときで2割の給料をあげられるわけがない。電話をして問いただした。

 最近、俺はキッチンカーをやめると呟くようになった。私は人を動かすのは熱意だと思っていて、その友人に熱いことを言うのが誰よりも得意であった。お前を工場から連れ出せるのは俺だけだとか、お前はそんな小さな器じゃないとか、説得に絶対の自信があるのだ。これはもしかしたら単なる自己満足なのかもしれない。それでもこの絶対の自信のおかげで一緒にやれてきている。

 勉強は切り上げて、出勤前に友人の名刺を渡しに家に出向いた。仕事の話をして、直接職場に赴いた。

 医者のお客様と、予定の時間を伝え忘れた外部の人とで対応にかなり時間を割いた。私の他に四人もフロントが居たのだが、夜勤は私ともう一人なので、一応話を聞いていた。結局医者の方とそのほかの人と誰とも連絡が取れずに、何度も電話をする羽目になった。

 夕食のスタッフに、面倒な部類の仕事をお願いされて、いつもより1時間半近く遅く仕事を始めた。遅く始めて、どれだけ早く終わらせることが出来るか楽しみでもあった。

20240417

 今日は別に掃除をしなくても良いと心に決めていた。やる気がない日に掃除をしても仕方が無い。彼女が家を出て、それからパソコンを開いて日記を書こうとしたのは良いものの、やる気がわかなかった。つまらないくだらない動画を見漁って、10時になって急に掃除をやり出した。掃除というより、洗濯機は新居に持って行ってしまったので洗濯が滞っていた。洗濯機を使おうと思ったら、排水の部品が足りず、彼女が調べてもわからなかったのだ。

 旧居では使用できたので、旧居から持っていけばよいのだと思っていた。いろいろ見ていると構造からして違うような気がして、調べてみると正しい部品の名前が分かり、足りなかったものを引っこ抜いて掃除をした。洗濯物もかごに詰めて、新居に向かう。

 途中、朝食にセブンイレブンの次郎系のラーメンを購入して食べた。ほぼ700円で戦慄した。コンビニは金がかかりすぎる。

 先日、スチールラックをキッチンに置いたら邪魔だから退けてと彼女に言われ、腹が立って自室に全部持っていく算段であった。スチールラックは210㎝近くあり、そのまま横に倒すと天井に接触するので、一度斜めに傾けて、うまく回転させる必要がある。これを一人でやるのがかなり難しいのだ。新居に行ってまずその作業に取り掛かったが、洗濯やPCの充電を先にやったほうが効率的だと気づき、洗濯をPCの充電を済ませた。

 スチールラックを一つずつ回転させる。荷物を積んでいたので、おろして回転させると、床に跡がくっきり残っていた。

 重いのでふすまに接触した時点で破壊してしまう。慎重に三つ自室に運び込み、レイアウトを考えて設置した。スチールラックは段ボールやオリコンを積むのに最適な大きさにしてあるので、自室の荷物があっという間に片付いた。応接間に放置していた折り畳みベッドを自室に持っていき、ひと段落した後ベランダに出た。

 裸足でベランダに出た為に足が汚れてしまい、シャワーで流す。ガスが止まっているのでシャワーを初めて使った。ありとあらゆるところから水が漏れてきた。見たところ、シャワーの付け根、温水、冷水、切換えレバーの四か所から漏れているようだ。愕然として、バスタブをちらと覗くと、バスタブに割れが発生していた。

 これはよもやと思い、トイレの水洗を流すと上から水が流れてこない。外してみると手洗い器と手洗いホースの間から水が漏れていた。接合しても漏れてしまうので部品の劣化が疑われる。とりあえず、ガスの修理の件を仲介会社にラインして、ついでに水漏れや換気扇の音などをいろいろと文句をつけた。

 洗濯が終わり、自室でパソコンを立ち上げて日記を書く準備をした。日記を書く気にはならず、仕方ないのでとりあえず乾燥機に持っていく。シャワーも浴びたいが、昼食も食べたい。乾燥機を回している間、旧居の段ボールのゴミをまとめたり、最後のスチールラックの部品をまとめたり、私が高校生の頃から使用しているデスクトップPCを煩雑に段ボールに詰めた。電子工作の部品をオリコンに詰めた。

 乾燥機の物を取りにいったが、8分余っていたので、その間つまらない動画を見た。確か海外ではマイナーな洋食のようなタイトルで、全7品目を見る前に飽きてしまった。バウムクーヘンはドイツの食べ物だが規定が厳しいのでドイツ国民も滅多に食べないというのは初耳であった。

 乾燥機の物をたたみ、昼食をどうするか迷い、15時頃にサイゼリヤに行った。最近は忙しくて読書が出来なかったので、本のバッグを片手にサイゼリヤに行き、グリーンサラダとドリンクバーを注文した。

 グリーンサラダはルッコラが多く入っているのが私としては良い点である。この日は甘いドレッシングを食べたくなかったので丁度良かった。これから仮眠をするというのに、気分でアイスコーヒーを飲んでしまった。そこでイタリアンの気分になり、イタリアンのコースについて調べた。

 イタリアンのコースは前菜、炭水化物、メイン、温野菜、チーズとワイン、デザート、エスプレッソといった構成らしい。サイゼリヤではイカ墨パスタが一番好きなので、イカ墨パスタを注文した。それもサラダを食べ終わったころである。

 パスタが来るまで本を読んだ。イカスミのパスタは提供が遅いので丁度良い。コーラにジンジャーエールを少量入れて飲んでいた。

 イカ墨パスタが来たので、それを食べながら次に何を注文するか考えた。モッツァレラチーズとトマトを注文するか迷ったが、メインがないので、ハモンセラーノとチーズを頼んだ。一緒にイタリアンプリンを注文した。一緒か後かで書く番号が違うのは画期的なような気がした。

 店員は、メニューを読み上げながら、プリンは同時でもよろしいですかと聞いてきた。そちらからは分からないのかと思い、逡巡した振りをすると、後にお持ちしますと言って早々に去ってしまった。イカスミのパスタを味わっているとほどなくしてハモンセラーノが来た。今日一高い料理がこの薄い生ハム二枚とチーズというのは貧相に見えなくもないが、これがあまりにも美味いのだ。高いので少しずつ別々に食べる物かと思っていたのだが、彼女が包んで一気に食べるのだと教えてくれた。

 生ハムでモッツアレラチーズを包んで一息で食べると、想定していた圧倒的なうまさが口内にあふれた。この一口が275円かと、現金なことを考えつつ味わう。コーラジンジャーエールを飲むが、何か物足りない。しばし味わってから、そういえば以前サイゼリヤでモクテルというのをやっていたのを思い出した。カクテルのノンアルコール版のようなもので、二つのドリンクを混ぜて飲むという物だ。あっという間にすたれてしまった。調べたところ、トニックウォーターがあれば作れたのだが、あいにくドリンクバーになかった。

 普段は絶対に飲まないが、炭酸水を代用してみようと試みた。もう一つのそれを口に頬張り、炭酸水を流し込むがやはり違う。諦めて、そのままの旨味を堪能した。

 15時50分くらいまで本を読み、あまりキリが良くない所で切り上げて、デザートを注文した。エスプレッソを汲みに行くと、一杯の余りの少なさに苦笑した。

 プリンの中ではサイゼリヤのプリンが一番好きだ。たまに近いものを食べるが、サイゼリヤを越えたことが無い。250円でここまでうまいのだから、最早これを越えることは出来ないと思う。

 お会計が1800円で、その日一番驚いた。一人で酒も頼まず、こんなに平らげてしまった。正直満腹であったが、イタリアンのコースを1800円で食べられたのだから満足である。

 帰宅をして風呂に入りたかったが、夜勤も控えているので新居で仮眠をしていた。彼女から電話がかかってきたが、昨日寝起きに電話に出て揉めたので無視した。十分後に新居の方に彼女が来た。

 そのまま新居で寝ようと思ったが、彼女が私の髪を洗うというので渋々旧居に行くことになった。ご飯を食べるというので仕方なくそれまで待つ。酒を買ってきて、コンビニ飯といかのおつまみを食べて晩酌をしているので機嫌が悪くなり、先に風呂場に行き体を洗ったり歯を磨いたり髭をそったりしていたら、彼女が切り上げて風呂に来た。

 かなり時間を食ってしまい、19時頃にようやく眠ることが出来た。21時15分に起床して準備をした。何故か、この短時間しか眠れないスケジュールの方が充実している気がする。寝坊のすれすれのような気もするので落ち着かないが、有意義な日常を遅れている気がするのだ。

 先日観た時はなかなか稼働が多かったので、仕事も多いだろうと覚悟して出勤した。レジの金額が大した金額でなかったので、チェックインが少なかったのだろう。少し安心した。

 仕事をしながら、どれだけの日記をため込んだか考えていた。14日分が書きかけで、18日になってから書いたら今までで初の、5日遡っての日記になる。溜めること自体は良いことではない気もするが、三日ほど経ってから書くと、客観的に書きやすくなり、腕が振るう。それが何故かはわからない。

20240416

 風呂から上がって、私はカップラーメンが食べたくなったので半ば強引に彼女を連れてドラッグストアに行った。先日蒙古タンメン中本を二つ、スープを飲み干した弊害で尻が痛かった。牛乳を飲んでいなかったらどうなっていたのか、想像に難くない。

 ドラッグストアで、彼女は春雨のカップを一つ、私は辛そうなカップラーメンやペヤングを合計三個購入した。あまりにも同じ赤で、傍から見たら辛い物が相当好きな人だと思われるであろう。私自身辛い物が食べたくなるのは年に数度で、それ以外の時は辛い物が嫌いである。

 牛乳の代わりに豆乳を飲みたかったのだが、彼女は脂肪分が少ないのでカプサイシンの作用を抑えられないのではないかと言った。私は豆乳が比較的脂肪分の多い飲料だと言って、成分表示を見比べた。確かに豆乳は1L25g含まれていた。牛乳を見ると倍以上入っていたので、比較してしまえば牛乳の方が多いようだ。

 早出の彼女を夜更かしさせてまでカップラーメンを食べる。お湯を沸かしている間に彼女は眠っていた。車から湯沸かしのポットと日記を書く為のPCを持ってきていた。

 彼女を起こして春雨を食べさせ、私はカップヌードルの辛い麺から食べた。中本に比べると旨味に欠ける。その後、とんがらし麺というのを食べた。こちらはむしろ辛いというより水っぽく、やはり旨味に欠ける。最後にペヤングの辛い焼きそばを食べる。スープを飲み過ぎないように、残っていたカップラーメンの汁にゆで汁を捨てた。

 三食平らげて睡眠した。彼女が起きる頃に起床したので、1時間程度しか寝ていない。8時ごろまで動画を見漁っていた。何の気力が動かしたのか、スチールラックをどうしても新居に持っていかなければならない気がしていた。それよりも新居の一階に放置してきたスチールラックが気がかりで、ゴムハンマーを持って新居に行き、解体して三階に運んで組み立てた。途中でガス会社から電話がかかってきた。出ると夜勤明けですみませんと詫びられたあと、ガスの修理が大掛かりになるので、時期が未定だと告げられた。

 大体一時間半くらいかけて分解と組み立て作業を終え、旧居のスチールラックを外に持ち出す。そこで分解して、車に積み込み、三階に運び入れて組み立てる。小さいスチールラックはそのまま載せて持って行った。段々と気づき始めたのだが、新居は広いので、スチールラックを全部組み立てても場所を取らない。とりあえずキッチンに展開する。一つ2時間を基準に組み立てて、2時ごろには三個すべてを分解して組み立てることが出来た。

 これで、大きい荷物は残すところダイニングテーブルだけである。かなりの快挙であった。ここまで没頭して作業できたのは、朗読をイヤホンで聞きながら作業していたからだろう。窪田等という人の朗読の動画を、一つ大体30分程度なのだが4つも5つも視聴した。大体が聞いたことや読んだことのあるストーリーの物であった。

 帰宅をして、仮眠をしていると彼女から電話がかかってきた。寝ぼけていたのもあり、当初、ご飯はどうすると聞かれたのに対して2時間寝てから食べると言い、明日早出なのに?と言われて反射で1時間寝たら行くと言ってしまった。

 起床した時に彼女は怒っていた。一時間無駄にしたというので、寝ている間に掃除をすればよかったじゃないかと言ったが聞かなかった。口論になり、結局昨日と同じくかつ庵に行くことになった。

 あまり同じものを食べたくないと理性では思っていながら、とんかつの定食は以前高級とんかつ店で食べたのでより比較してしまうのではないかと危惧していた。彼女も逡巡してヒレかつ丼を注文した。私は迷った末、ロースとヒレの定食に、ささみカツを追加した。このかつ庵という店のメニューを知りたくなったのだ。

 最近はこの味の好奇心という物が、案外高尚ではなく物的欲求というか、収集癖に近い俗なものではないかと思い始めてきた。というのも、この収集癖を見越して高い料金を設定している店も少なくないからだ。一定数私のような食事の選び方の人間がいるに違いない。そうは言いつつもこの制覇の欲求、ウイスキーなどに見られる味覚の追求を止めることが出来なかった。

 彼女が望んだかどうかは定かではないが、ささみカツを彼女に一つあげた。私はロースやヒレのカツを一つ一つ味わいながら、二種類のソースを試したり、岩塩をかけたりした。からしや、醤油などの調味料には手が出せなかった。結局何もかけずに食べた数の方が多い。とんかつはそのままでも十分美味いのだ。自分で作りたい欲求に駆られてシュミレーションをした。

 二日も連続で外食に出掛けてしまったのを後悔していたが、そんなことはすぐに忘れてディズニーの話をしていた。彼女の誕生日には毎回ディズニーに行っている。前は誕生日以外にも何度か行ったのだが、私個人としては誕生日に行った方が得なのではないかと思う。閑散期だし気候も温暖で、何よりも特別なステッカーがもらえてキャストに祝福してもらえるからだ。

 彼女は入浴したが、私は入らないで寝てしまった。想定以上に働くことが出来たので満足である。